妄想茶会のすすめ


Vol.16 2016 霜月 ​妄想茶会のすすめ

無人島に​たった1冊の本をもっていくとしたら、皆さんはどんな本を選ばれますか?

茶流 さりゅうが選ぶとしたら間違いなくこの一冊。

『一日一菓』 木村宗慎 著 新潮社

一年間365日、菓子と器を著者の言葉や解説とともに記されています。

ページをめくるたびに、季節ごとの美味しそうなお菓子や美しい器の写真が、 日めくりカレンダーのように現れ1ページ1ページそれはもうため息がでる世界。

『眼福』とはまさにこのこと? ページごとに、目で見て味わいながらかきたてられる「想像力」

いつのまにか、凛とした空気の中にひきこまれ、

五感をも満たされていきなんともいえず幸せな気分になるのです。

すぐに大量の情報を得られる、便利な世界になるにつれ

私たちは、「想像力をはたらかせる」という

人間の豊かな能力が衰えてきているような気がします。

​慌ただしい日常でも、立ち止まって今日も1ページ、この本とともに

『妄想茶会』おすすめいたします。

Commented by Mihoko

Selected by Tomoko

#茶流歳時記 #2016 #霜月

FEATURED POSTS
GALLERY
ARCHIVE

© 2016 STUDIO MOSAICO All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now